犬の飼い方 犬の世話

○犬の世話 耳掃除
黒いベタッとした耳あかが犬の耳にはつきます。定期的に耳掃除してあげます。

立ち耳の犬種は汚れたら適時、垂れ耳の犬種は週一程度チェックします。

耳掃除の仕方ですが、市販のイヤーローションを少し入れ揉んだ後で、浮いてきた汚れを綿棒、脱脂綿で拭き取ります。

汚れがかなりひどい場合は獣医さんに相談します。


○犬の世話 目やに 涙
脱脂綿やティッシュを湿らせて拭き取ります。目にかかる毛をカットします。

○犬の世話 歯磨き
歯槽膿漏、口臭の原因となる歯石予防のため歯磨きをしてあげます。
柔らかいエサは歯石が付きやすくなります。

犬専用の歯ブラシと歯磨きのほか、歯石予防のオモチャがあります。
子犬の頃から口の中に手を入れる練習をしておくと歯磨きで苦労しません。

○犬の世話 シャンプー
初めてのシャンプーはとても重要です。犬は水をいやがりませんが、いきなり顔に水をかけてびっくりさせたりするとシャンプーをいやがるようになってしまいます。

シャンプーは楽しいということをイメージして、犬に大きな声を出したりしかったりしないようにします。

シャンプーのしかたですが、足先から、背中、首筋にシャワーで軽く汚れを落とし顔は濡らした手で拭きます。

必ず犬の見えるところからシャワーや洗面器からお湯をとってかけてあげるとよいでしょう。

首から背中にシャンプーをかけ泡だてます。腹、尻尾も泡だてます。顔は濡らした手で拭きます。

犬用シャンプーは低刺激性が多く目にしみないタイプが多いの心配ないでしょう。

全体を洗い流して、顔も手でやさしく拭いてあげます。あと放っておけばブルブルして水を弾きます。

最後にバスタオルでしっかり拭き、寒い日はドライヤーで乾かします。

ドライヤーは最初怖がるので、熱くしないよう注意して離しぎみにゆっくり乾かしてあげます。

○犬の世話 トリミング(刈り整えて仕上げること)
美しく仕上げるためには、専門のトリマーに頼むのが最も安全です。定期的に刈ってやれば犬も喜びます。

美しさにこだわらず夏の暑さしのぎに切るなら、自分でもできます。ペット用の先の丸いはさみとコームで切ります。

ただし虎刈りになる覚悟は必要です。

○犬の世話 爪切り
爪を透かして見て、神経や血管をさけて切ります。万が一出血したら消毒します。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/57516712

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。