犬の病気 発熱カテゴリの記事一覧

犬の病気 発熱

人間と同じで犬も発熱します。発熱しない病気の方が少なく注意が怠りがちですが、犬も熱を出すということを覚えておきましょう。つらいのは犬も一緒です。
発熱の原因を確かめるために、病院へ連れて行く判断基準の理解を深めておくことが重要です。

◎犬の平熱と発熱しているかの体温の目安を把握する
犬の平均体温は人間よりも高めで、個体差はありますが38.5度といわれています。人間の子供と同様に子犬はもう少し高めです。

病院へ連れて行くかどうかの判断基準として・・・
38.5〜39.5度 平熱〜微熱で、食欲がありげんきがあるようなら様子を見る。

39.5度〜 できるだけ早めに病院へ連れて行き診察してもらう。

40.0度〜 高熱なので早急に病院へ連れて行くようにする。

42.0度〜 緊急を要するので速やかに最寄の動物病院で診察を受ける。日射病や熱中症の疑いがある場合は体を濡らして体温を下げる対策等を行うようにする。

以上が発熱の体温の目安になります。

◎犬の熱、体温の測り方
人間用の電子体温計が適しているでしょう。肛門で測ります。
測り方はしっぽを持ち上げて肛門を露出させ、片方の手で犬が動かないようにしっかりと体を押さえながら体温計を挿入します。奥まで入れすぎないように注意をします。肛門に入れずらい時は、グリセリンを使用するなどして挿入時のすべりをよくします。
小型犬、大型犬共にやり方は同様です。

◎発熱しているかどうか簡単に知る方法
普段は冷たく感じる部分の足の先や耳で、耳が特にいつも冷たく感じるので、熱い場合発熱の可能性が疑われます。また犬の吐く息の温度でも発熱かどうか感じられるので、犬の口に手を近づけ呼気の温度を感じ確かめます。

◎発熱がある兆候の状況判断をチェックする
発熱の兆候が犬にはあることが多いです。
下記のしぐさで発熱での判断材料に参考にすると良いでしょう。

@舌が普段より赤めである。
Aオシッコの量が減ったり、色が濃くなる。
B呼吸が普段より速く感じられる。
C食欲不振である。
Dいつもより元気がない。
E冷たい場所におなかをつけて冷やすように伏せている。
F体のふしぶしを痛がるそぶりを見せる。

以上が発熱の症状におけるポイントですが、発熱以外でもこのようなしぐさを見せる場合があります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。