子犬の育て方、取得時期カテゴリの記事一覧

犬の飼い方 子犬の育て方、取得時期

子犬の取得時期

子犬は生後1ヶ月で歩き始め、そして2ヶ月で離乳、兄弟とのつきあいを学び始めます。

3ヶ月で外世界、群れ、犬どうしのコミュニケーションなど社会性形成されます。

子犬の取得時期は生後2〜3ヶ月目が理想です。あまりに早い時期に子犬を取得すると兄弟たちとも離されるので犬どうしのコミュニケーションを学ぶことができません。

また人間への依存しすぎで信頼感は強くなりますが、他の犬嫌いになってしまう可能性もあります。

散歩などで外に出て他の犬とのつきあいが出来ないので、飼い主はよけいな気をつかい散歩が苦痛になるかもしれません。

生後2〜3ヶ月の間に人や多くの犬に接する。用心深く、攻撃的な犬にならないためです。

子犬がなつき、社会のルールを覚えさせる時期ということで、生後2〜3ヶ月目に子犬の取得が理想的です。

しかし愛玩用の小型犬は人なっつこいのでもう少し大きくなっても十分なつきます。


子犬の育て方

離乳の終えた生後3ヶ月の子犬は幼犬専用ドライフードで育てれます。生後40日程度で販売するショップもありますので、離乳を終えるまで離乳食で育てます。

あとはトイレの場所を覚えさせる位の事以外それほど気にかける事はありません。伝染病の予防をして急激な運動を避け、関節を痛めないよう注意していれば大丈夫でしょう。

ワクチン接種が終っていない幼い子犬は他の犬と接触できません。ワクチン接種が終わって外に出せるようになったら、多くの犬、人間に合わせて社会性の形成をさせ、社交的な犬に育てます。

子犬の育て方で暑さ、寒さには注意が必要です。寒さに関しては人間が耐えれる位ならば大丈夫ですが、暑さにはは弱いので気をつけて下さい。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。