犬のえさカテゴリの記事一覧

犬の飼い方 犬のえさ

犬の飼い方で犬のえさというのは健康管理を行うえで大変重要です。よく考えて与えます。

基本的にはドックフードが好ましいでしょう。犬の為だけの栄養のバランスを考えており、健康状態もよくなり病気の予防にもなります。

主食のドックフードはドライタイプですが、缶詰もたまに与えるという感じでようでしょう。犬も人間と一緒で同じ食事では飽きるので工夫して与えます。

犬のえさの手作りの場合野菜スープで濃い味付けをせずに、砂ギモ、レバー脂肪のない肉で煮込んだものにします。


●犬の飼い方 年齢別の犬のえさ

年齢別の犬のえさドックフードについて

○生後12ヶ月頃まで(成長期)
幼犬用フードを与えます。成長期に必要なカロリー計算をして配合されています。

骨、歯、筋肉の形成作りに必要なタンパク質、リン、カルシウムの成分がメインで含まれています。

1日における食事の回数は生後3ヶ月頃までは3〜5回、生後6ヶ月頃まで2〜3回6ヶ月以降は2回、これ位の回数を目安に犬のえさを与えます。

○生後12ヶ月以降(成犬期)
成犬用のフードになります。カロリーが低めですが、栄養のバランスを考えて配合されています。1日の食事の回数は1〜2回となります。また新鮮な水も欠かさない様にします。

○生後6、7年以降(高齢期)
老犬用フードを与えます。高齢期になると歯が弱り、内臓の各器官も衰えます。消化能力が低下するので、消化のよい食事を与えます。

タンパク質、塩分、ミネラル、カロリーを適度に抑えた消化吸収のよいものを与えます。犬のえさの1日の回数は柔らかめのものを3〜4回与えます。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。