犬の健康管理 春夏秋冬カテゴリの記事一覧

犬の飼い方 犬の健康管理 春夏秋冬

季節ごとで犬の飼い方が違ってきます。犬の健康管理をしっかりと行いましょう。

○犬の健康 春
ケア 
換毛期 ブラッシングをていねいにします。春先は気温の変化が激しいので子犬、老犬、慢性病犬は注意が必要。
室内の温度管理に気をつける。寒さ防止のハウスの工夫を考える。

予防 
狂犬病予防接種 フェラリア予防薬は獣医師の検査を受ける(4〜11月)

食事 
カロリーをひかえる。十分な運動をさせる。

病気 
温度差によるカゼに注意。

○犬の健康 夏
ケア 
散歩は朝夕の涼しい時間帯に。屋外犬のハウスを日陰に移動する。室内のクーラーは強すぎないように

予防 
ノミ、ダニの寄生虫の予防。室内、ハウスの徹底駆除。

食事 
食中毒の時期。食品開封後は湿気のない所へ。食器も清潔にする。食欲不振時期なので食事は涼しい時間帯に与える。

病気 
皮膚病発生時期なので手入れをこまめに。日射病に注意。

○犬の健康 秋
ケア 
夏に痛んだ被毛の手入れ。

予防 
秋まで残るノミ、ダニの退治。晴天の日にハウスの日光浴を。

食事 
体力回復 食欲の秋。食事の与えすぎに注意(肥満予防)

病気 
温度差によるカゼに注意

○犬の健康 冬
ケア 
屋外犬の場合寒さの厳しい日は病気予防の為家の中へ入れる。寒い日も散歩はかかさない。

予防
犬の散歩から帰ったらブラッシングをして、体をあたたかくする。

食事
たんぱく質、脂肪の多い食事を与える。短毛種は夏より2割アップして与える。

病気
気管支炎、肺炎、のどの病気に注意する。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。