犬の病気 尿毒症

●原因
結石関連の病気で尿路が閉じてしまった場合など、腎臓の機能が75%以上低下してしまった状態になると尿毒症とされる。

●症状
血液中の老廃物の毒素が尿により排泄出来なくなってしまうので、全身に様々な症状が表れる。
症状としては、元気がなくなり、嘔吐や食欲不振、下痢、血便、血圧上昇、心不全など。

●治療
尿毒症が進行してしまうと最終的には出血して貧血、けいれん、こん睡状態などの症状になり、死に至る危険性が非常に高くなる恐れがある病気で、尿毒症の各症状に適した確実な治療が必要になる。

犬の病気 尿膜管憩室(にょうまくかんけいしつ)

●原因
尿膜管憩室は生後になくなる予定の胎児期の遺物の影響を受け、膀胱の一部分に憩室(くぼみ)が出来てしまう先天性の疾患。

●症状
尿の排出後、膀胱のくぼみに尿が取り残され膀胱炎を発病する。
子犬の頃から頻繁に膀胱炎にかかってしまう犬は、尿膜管憩室の可能性が高い。

●治療
診断はレントゲンで確認できる。慢性膀胱炎になってしまう前に手術で治療するのが適切で重要。

犬の病気 腎不全

●原因
腎不全は腎臓自体に異常があり機能が低下して正常に働かなくなる病気。他の器官に異常があると影響を受けて腎不全が発病する場合もある。
尿路結石にかかっていると石があるので尿を排泄出来なくなるなど、このようなことが要因でも腎不全になることもある。

●症状
急性腎不全では尿が出づらくなり、嘔吐もある。
慢性腎不全は何かの要因で血液をろ過して尿を作る役割のネフロンが次第に壊れ続け、腎臓の機能が低下して行き働かなくなってしまう状態になる。水を大量に飲んだり、食欲不振の症状が表れる。

●治療
急性腎不全、慢性腎不全共に症状が進行してしまうと最後は腎臓の機能をほとんど失ってしまうので、病院での早めの診察を受けるようにする。

犬の病気 腎炎

●原因
細菌に腎臓がおかされ、炎症を起こして働きが悪くなる。

●症状
頻尿、水をよく飲む。尿の量が減り色が濃くなる。血尿や体のむくみなどもある。
その他腎のう炎、腎結石も同じ症状。

●治療
排尿をがまんさせない。血液、尿検査をして、診断結果で治療する。
原因にもよるが体内の水分調整の為、水分補給や栄養点滴を行い血液中の有害物質を排出する。

犬の病気 膀胱結石

●原因
慢性的に膀胱炎を繰り返していると、発症する。

●症状
膀胱炎と同様に血尿と。排尿時痛がる。その他尿道炎、尿道結石も同じ症状。オスの場合尿道に結石がつまり、尿がでにくくなることがある。この場合緊急を要する。

●治療
外科手術にて結石を取り除く。術後3週間は抗生物質を飲み続ける。排尿時異常がみられたら、早めに獣医師にみせる。

犬の病気 膀胱炎

●原因
膀胱炎は尿道から侵入した細菌が膀胱に入り炎症をおこす。

●症状
尿の回数が多い頻尿、血尿、濁った尿がでたり、排尿時痛がる。その他元気がなくなり食欲不振になることもある。
尿道がメスのほうが、オスよりも太く短いので細菌が侵入繁殖しやすく膀胱炎はメスに発病しやすい傾向がある。

●治療
尿検査で最も効果が表れやすい抗生物質の投与をして3週間位飲み続ける。投薬後、細菌検査を受ける。予防は新鮮な水を絶やさない。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。