犬の病気 軟口蓋過長症(なんこうがいかちょうしょう)

●原因
軟口蓋過長症は、のどの手前に位置する軟口蓋が通常よりも長いため、空気の通りが悪くなり苦しそうな呼吸状態になる。

●症状
ひどくなるとのどが完全に塞がれてしまい、呼吸困難になる場合がある。
軟口蓋過長症はパグ、シーズー、ペキニーズ、ブルドックなどの短頭犬種に多い病気だが、肥満が原因となることもある。

●治療
症状が悪くひどい場合には外科手術を行うこともある。

犬の病気 肺炎

●原因
カゼの症状の気管支炎などこじらせると、肺に炎症を起こす。

●症状
高熱とセキも伴う。

●治療
X線検査にて病気を確かめる。安静のため入院もある。

犬の病気 気管虚脱

●原因
気管虚脱は生まれつき気管軟骨が未発育による先天的な異常や、老化や肥満などが原因となり気管が弱ってしまい、つぶれてふさがってしまった様な状態になる。小型犬に多い。

●症状
気管は口、鼻と肺をつなぐ空気の通り道のため、ここに障害があると空気を充分に供給出来なくなってしまうので、呼吸困難や激しい咳を引き起こしてしまう。よって吠えたり興奮するとノドが鳴るような咳をするようになる。
重症になると気管がつぶれてしまい、呼吸困難になりよだれを垂らしてあえぎ、歯肉や舌の色が紫色に変色してチアノーゼを起こし死亡する場合もある。

●治療
気管虚脱の治療は気管支を広げる作用のある薬を使用する。症状を緩和させる為に、咳止めや鎮静剤などを使用することもある。気管確保のためにリングの挿入で改善する場合もある。
予防を考えることの方が大事で、暑い時期に発症しやすいので犬のいる部屋に扇風機やエアコンなどにて空調管理を行い、犬が快適に過ごせる環境にする。
またムダ吠えをさせないよう子犬時からしつけをしっかりしておく。肥満を防ぎ、興奮もさせないようにする。

犬の病気 気管支炎

●原因
気管支炎は気管支に炎症を起こし、粘膜が腫れ気道に空気が通りずらくなる。
細菌感染やウイルス、刺激性の強い煙やガス、化学薬品の吸い込みなどによる影響が原因で発症する。

●症状
症状はカゼと同じでセキを繰り返してでる。
病状が進行すると、胸部やのどの痛みがあり触れると痛がる、発熱の為元気がなくなり食欲不振となる、呼吸困難に陥り口をあけてゼーゼーと苦しそうに呼吸をするなどの状況が見られるようになる。連続の咳で吐き気を誘発されることもある。

●治療
抗生物質などの投与で、粘膜の炎症をおさえる治療が一般的だが、レントゲンや血液検査などにより感染原因を確かめての有効な治療が重要となる。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。