犬の病気 網膜剥離

●原因
網膜剥離は炎症や事故などの衝撃が主な原因で起こるが、先天性による生まれつきの網膜形成不全が原因のこともある。

●症状
網膜の一部か全部分が眼底から剥がれてしまうのが網膜剥離。
目全体が真黒に見える場合は高血圧などの目以外の病気が原因で網膜剥離が起こっている場合がある。
視力の障害が起こり、剥離してしまった程度と範囲によっては失明してしまうこともある。

●治療
現在の所網膜がいったん剥がれてしまうと有効な治療法が網膜剥離にはない。
安静を保つ様にして、頭の方にも衝撃を与えないように看護する。
愛犬の視力がほとんどなくなってきた時点で気づくことが少なくないので、気になったら早急に病院へ。

犬の病気 ブドウ膜炎

●原因
免疫反応関連の過敏症によりブドウ膜炎が発症すとされているが、明確な原因は不明。

●症状
毛様体、虹彩、脈絡膜などの血管が集まった膜に炎症が起こり、眼球が濁ったり、出血する症状になる。目全体としてはぼんやりしているように見える。
涙や目ヤニが多く分泌されるようになり、痛みもあるので犬が目をこする行動をとる様になる。
その他虹彩が角膜に癒着したり、瞳孔が縮んだりすることがある。

●治療
ブドウ膜炎の治療は対症療法を中心に行うことになる。

犬の病気 緑内障

●原因
緑内障は眼圧(眼球内分の圧力)が高まり、視神経が圧迫され影響を受ける。これが原因で視野が狭くなって行きやがては失明してしまう。

●症状
緑内障の初期症状は目立った変化は見られない。症状が進行してくると眼球の痛みや目の色が緑や赤色へと変色することがある。さらに悪化して進行してしまうと眼球が大きく膨張して目が外側に飛び出た状態になる場合がある。

●治療
眼圧を下げる点眼薬や瞳孔を閉じさせる薬の使用で治療をする。
慢性で重度になってしまった緑内障の完治は無理で、進行をくい止める治療しか出来ない。
私自身も緑内障にかかっており、右目の視野が下しか見えなくなった。

犬の病気 白内障

●原因
老化(6歳以上の犬)と先天性の遺伝的による若年性の要因が白内障にはある。

●症状
老化により水晶体の一部や全体が白く濁ってしまう。白内障の症状が進行すると視力が衰え低下して、失明の危険性もある。

●治療
現在白内障を完治させる決定的な治療法はなく、点眼薬で進行を防ぐ治療が一般的。しかし重症になると眼科専門医にとる手術が必要になる。早期発見、早期治療が重要で、10歳以上の老犬は年2回の健康診断を受ける様にする。

犬の病気 チェリーアイ

●原因
原因は軟骨の奇形、腫瘍、瞬膜線の脱出が考えられる。
またチェリーアイは先天的な要因がありビーグル、コッカースパニエル、ペキニーズなどの犬種に多く、子犬のうちからほとんど発症する。
チェリーアイの名前の由来は、飛び出した組織が腫れ上がりサクランボの形で赤く似ているので付けられた。

●症状
瞬膜線は涙を作る腺で目頭の裏側にあるので本来は外側から見えないが、この瞬膜線が膨れて飛び出してしまうのがチェリーアイの症状。
両眼性で結膜炎を伴う場合もある。

●治療
病院での処置が必要で、自分で触らないようにする。
簡単な外科手術を行い、飛び出した瞬膜線を定位置に戻し縫い合わせる。

犬の病気 前房蓄膿(ぜんぼうちくのう)

●原因
前房蓄膿は角膜のすぐ後ろに位置する前眼房というところに膿が蓄積されてしまう状態になる。

●症状
前房蓄膿は膿が沈殿していく症状で、進行すると目の下方の濁りを肉眼で確認できる。

●治療
軽症ではない病気なので、症状に気づいたらすぐに病院へ連れて行き受診する。

犬の病気 色素性角膜炎

●原因
犬の目にまつげや周りの毛がかかって入ってしまい、毎日刺激が加えられることが原因で色素性角膜炎を発症する。
ドライアイの進行からでも色素性角膜炎が発症する。
大きく飛び出た目が特徴のシーズーの犬種に多く見られる。

●症状
角膜の表面にメラニン色素などが沈着して透明な角膜部分に黒色などの色素が広がり、視覚を阻害して視力障害が起こる。

●治療
気づいたら早めに病院へ連れて行き適切な治療を受ける。

犬の病気 乾性角結膜炎(かんせいかくけつまくえん) ドライアイ

●原因
乾性角結膜炎は涙の分泌量が不足して起こる病気で、目が乾く意味でドライアイともいわれている。
原因は突発的や先天的とも言われているが、現在の所詳しい原因は不明。シーズーの犬種に多く見られる。
我が家のシーズーのメスが老犬になった頃からこのドライアイにかかっています。

●症状
粘り気のある白や黒色の目ヤニが大量に出て痛みも伴う。
他の病気の併発で結膜充血や角膜が濁って白くなるなどの症状もドライアイには表れる。

●治療
対症療法で洗眼や症状に適した目薬を使用して、結膜と角膜を保護する。
ドライアイが悪化して進行すると角膜炎を併発したり、二次的に色素性角膜炎を引き起こし視力障害の可能性がある。
早期発見、早期治療が大切で、適切なケアが必要。

犬の病気 角膜浮腫

●原因
角膜浮腫は角膜が膨張してむくみ、透明感もなくなり白く濁ってしまう。

●症状
角膜潰瘍や緑内障などに伴っても角膜浮腫へと移行する場合がある。
角膜の浮腫と充血も併発する。

●治療
決して軽症ではないので角膜浮腫の症状に気づいたら早急に病院での受診をする。

犬の病気 角膜潰瘍

●原因
犬が角膜炎等の影響により、痛みやかゆみの為に引っかいたり、床に身をこするなどして、角膜の炎症が進み広範囲に渡ってしまうと角膜潰瘍になってしまう。角膜の組織が壊死して潰瘍に変化する。

●症状
強い痛みがあり、まぶたのけいれんが出る場合もある。さらに悪化すると角膜に穴が開く角膜穿孔という症状になり、目の内容物が外にもれてしまう場合がある。

●治療
角膜潰瘍は失明の危険性が高いので早急に病院での受診をする。
目を犬に触らせない為にもエリザベスカラーなどで防止することも考える。

犬の病気 核硬化症 

●原因
老化が主な原因で6歳以上の老犬に核硬化症が多く発症する。

●症状
レンズの中心が生理的に硬くなって白色に見える。白内障の症状に似ているが視力障害はない。しかし核硬化症が進行すると白内障へとなる可能性が高いので注意が必要。

●治療
核硬化症と白内障の症状が似ているので、いずれにしても病院で詳しい検査を受ける。

犬の病気 逆さまつげ

●治療
乱生により、まつげが角膜にあたるなど。

●症状
まつげが角膜、結膜を刺激して頻繁に涙を流す。まぶたがけいれんしている場合もある。

●手当て
まつげが少ない時は拭くだけでなおる場合もある。乱生がひどい場合手術にて治す。

犬の病気 結膜炎

●原因
結膜炎は犬の目の病気の中で最も多い。
まぶたの裏側と眼球をつなぐ結膜に傷や異物等の刺激物、細菌、ウイルス感染などの原因により充血して結膜に炎症を起こす。全身的病気の症状の場合もあるので注意が必要。

●症状
結膜炎の症状としては結膜部分が充血や、目ヤニや涙が多めに出ていて、目の周囲がいつも濡れた状態になっている。
犬の行動はまぶた周辺のかゆみと痛さのため、前足で顔をこすったり地面に顔をこするつけるなどの動作が見られる。

●治療
脱脂綿にぬるま湯をひたし、目を拭いてやる。結膜炎の原因が異物等であれば取り除くことが先決。改善しない場合獣医師の診断を受け、原因を確かめて治療方法に従う。
治療は主に点眼薬や軟膏を使い、結膜炎の炎症の進行が見られる場合には抗生物質の使用もある。

犬の病気 慢性角膜炎

●原因
目のまわりの被毛が眼球にあたるために目がよく閉じられず、慢性に角膜を傷つけてしまう。

●症状
いつも涙を流し、目もしょぼしょぼしていて前足で目をこする。

●治療
ペキニーズ、シーズー、パグなど前髪が前に垂れている犬に多い。目にかぶさる被毛はカットして予防する。獣医師の診断を受け、適切な治療を行なう。

犬の病気 急性角膜炎

●原因
ケンカ、異物混入で目の角膜(黒目)を傷つけてしまう。また目のまわりの皮膚炎を気にしてかきむしり角膜を傷つけてしまうこともある。

●症状
目を開けられないほどの痛みと、大粒の涙を流す。やがて目の表面が白く濁る。

●治療
早く獣医に診てもらい適切な処置を受ける。点眼薬でほとんど完治することが多い。外傷性の角膜炎は眼球内の病気に進行することが多いので早めの対応をする。

犬の病気 涙やけ

●原因
目と鼻をつないでいる細い管がつまったり、狭くなっているため涙があふれる。

●症状
涙が多いため、目のまわりの被毛が茶色になる位涙でやける。特にマルチーズ、シーズー、プードル、ペキニーズなど目が大きく飛び出している犬に多い。

●治療
目がうるんでいたり、涙があふれているようなら、早めに診察を受けて治療する。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。