犬の病気 耳ダニ

●原因
耳ダニの寄生。

●症状
耳のなかは乾燥しているが非常にかゆがる。耳の中から乾いたチョコレート状のブツブツの粉がでてくる。この粉を虫メガネでみると、ダニが動いているのがわかる。

●治療
エアクリーナーで洗浄、殺ダニ剤で治療。正しい診断、治療を行なえば耳ダニはすぐ完治する。

犬の病気 耳血腫

●原因
耳血腫の主な原因は外耳炎によるかゆみのためにひっかきすぎたり、耳をぶつけるなどの外傷の為耳介(耳の外側)が傷ついてしまう。
その他自己免疫性の異常で血液成分が血管の外部に漏れてしまう場合もあるが、原因は不明。

●症状
耳翼と軟骨の間に血様漿液(けつようしょうえき)がたまり、耳介が次第に水枕状に膨れていき、腫れ上がってしまう。
見た目で耳が膨らんでいたり、立ち耳の犬の耳が重くなり垂れていたら耳血腫が考えられる。
犬のしぐさとしては痛みも伴うため頻繁に耳を掻いたり、頭を振ったりする行動が見られるようになる。
耳が熱を持ち、耳を触られると嫌がるなども耳血腫の可能性がある。

●治療
耳血腫は放置しておいても次第に縮れていって治るが、痛がる場合は病院での処置を受ける。
治療はメスで切開したり、耳に溜まった水や血液を注射器で抜いてもらう。その後消炎剤や抗生物質の使用で二次感染を防ぐ。形成上しっかりと治すには外科的治療が必要。
また犬が耳を掻くのを防止する為にエリザベスカラーを使用する場合もある。

犬の病気 肥厚性(ひこうせい)外耳炎

●原因
酵母菌、慢性皮膚炎、脂漏性皮膚炎、ノミアレルギーなどが肥厚性外耳炎の原因となる。

●症状
肥厚性外耳炎の症状は耳の皮膚が厚くなり、しだいに肥厚して耳の穴がふさがってしまう。かゆみも伴う。

●治療
様々な要因があり、原因究明をする必要がある。外科的治療が必要。

犬の病気 外耳炎、外耳道炎、耳ただれ、

●原因
犬の耳の病気の中で最も多いのが外耳炎(外耳道炎、耳ただれも含める)で、垂れ耳の犬に多く発症する。
原因は過度な耳掃除、毛抜きによる細菌感染、耳ダニ、マラセチア(酵母菌)、アレルギーなどにより炎症がおき、耳アカが常に溜まった状態になる。

●症状
外耳炎の症状は耳アカの量が多く、耳掃除をしてもすぐに耳の中が汚れたり、耳に悪臭がある。また黄色い膿が出ることもある。
犬の行動は足で耳をかく、頭を振ったり、頭をかしげたりする。
外耳炎が慢性化してしまうと、耳の皮膚が炎症により厚くなり耳道を塞ぎ難聴となってしまう場合もある。

●治療
耳アカの色がいつもと違う時は外耳炎の疑いがあり、病院での受診をする。
治療は耳洗浄。抗炎症剤、抗生物質の投与などで行い、皮膚疾患があれば全身的な治療をする。いづれにしても外耳炎の治療には時間がかかるので覚悟が必要。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。