犬の病気 口腔の病気カテゴリの記事一覧

犬の病気 歯周病

●原因
歯周病の原因は歯垢や歯石。
歯垢から歯石へと進行して、歯茎や歯の周辺の炎症が起こることを総称して歯周病という。

●症状
まず歯肉炎(歯茎の炎症)が発症して、そのまま放置して進むと歯と歯茎のすき間がかなり深くなってしまい歯周炎へと発展する。さらに歯周炎が進んでしまうと歯の根元が化膿し、皮膚を破ってしまう。また、歯茎周辺の血管から増殖した細菌が入り込み脳、心臓、肝臓、肺などが細菌に侵されて他の病気を引き起こす可能性の要因ともなる。
歯周病の症状はひどい口臭、大量なよだれ、歯の変色、歯茎の腫れ、歯肉の出血、膿性の鼻水、歯の抜け落ちなどが見られる。

●治療
歯周病にならない為の予防が大事で、歯磨きを普段より心がけ歯垢や歯石が溜まらない様にケアをする。
動物病院での定期的な歯石の除去も行う様にする。

犬の病気 歯肉炎

●原因
歯肉炎は歯石がたまり歯肉に炎症が起こる。歯周炎、歯槽膿漏、歯根炎も原因は歯石。

●症状
食欲不振、口臭がする。悪化すると歯がぐらつき最後には抜けてしまう。

●治療
定期的に歯をみて歯石をとることが歯肉炎の予防になる。
子犬の場合生後7カ月までに乳歯が永久歯に生えかわるが、乳歯がまだ残っていると歯石がたまりやすく、永久歯も乱生する。やわらかいものばかり食べさせないようにする。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。