犬の病気 アトピー性皮膚炎

●原因
アトピー性皮膚炎のアトピーとは「かゆみや湿疹の出やすい体質」という意味で、生まれつきの先天的要因がある。生後6ヶ月〜3才位の間の犬に多く発症する。

●症状
湿疹、かゆみがある頑固な皮膚炎で、犬がよく舐める所に一致して慢性湿疹が見られる。

●治療
アトピー性皮膚炎は体質の病気なので完治は難しくその悪くなった原因を把握して、症状を軽くさせるための治療を行う。
食事、スキンケア、生活環境などと犬の相性が合わない場合に悪化して、湿疹、かゆみが強く出る。よって飼い主がアトピー性皮膚炎の体質をしっかりと理解して、その犬との生活を考え配慮して上手に共につきあっていくことが必要で重要。
治療はステロイド剤などを使用して皮膚のかゆみをとる。症状が悪化して化膿している場合は抗生物質も必要となる。
それぞれの犬の皮膚の状態を考え保湿、抗菌、角質溶解の専用成分シャンプーと選別して使用する。

犬の病気 円形脱毛症

●原因
人間の病気としても円形脱毛症はよく耳にするが、犬にも発症する。
毛を作る細胞に炎症が起こるのが原因で脱毛してしまう。その他の原因としてストレスと一般的に言われているが、体の免疫機能が何かの原因により毛包を異物と認識して攻撃する自己免疫疾患の要因で円形脱毛症が起きる可能性あるとも考えられている。

●症状
人間の円形脱毛症は円形で脱毛してしまうのが通常の特徴だが、犬の場合は円形でないケースが多く見られる。

●治療
自然治癒もあるが、通常は治るのが困難。

犬の病気 膿皮症

●原因
皮膚の抵抗力の低下やホルモンの病気が原因で膿皮症が発症する。
細菌の繁殖に皮膚が炎症を起こして化膿してしまう。

●症状
かゆみが多く見られ、それに伴い犬の体の毛が広範囲に脱毛して脱毛した部分に発疹が見られる場合もある。

●治療
膿皮症に感染している部分を殺菌効果のあるシャンプーで洗浄して、抗生物質を使用し細菌の増殖を抑制する。

犬の病気 皮膚糸状菌症(ひふしじょうきんしょう)白癬(はくせん)

●原因
カビの仲間である糸状菌という菌が犬の毛や皮膚に寄生するのが原因により、皮膚糸状菌症、白癬が発症する。
皮膚糸状菌症は白癬とも呼ばれる。

●症状
犬の頭や菌の寄生した影響により円形状の皮膚病変が発生する。

●治療
皮膚糸状菌症、白癬は人や猫にも感染するので注意が必要。

犬の病気 寒冷凝集素病(かんれいぎょうしゅうそびょう)

●原因
寒さにより血液が固まり体の末梢に血液が送られなくなり組織が壊死してしまう自己免疫疾患が原因で、寒冷凝集素病が発病する。

●症状
体の末端部の耳、手足、しっぽへの血液の循環が悪くなり、色が赤から紫色へと変色し最後は黒くなり壊死してその部分が脱落してしまう。

●治療
寒冷凝集素病の病気にかかっている犬は、冷気に触れさせずあたたかくさせて保温を心がける。またマッサージで血行をよくしてあげる必要がある。

犬の病気 毛包虫症(もうもうちゅうしょう) アカルス症

●原因
毛包虫(ニキビダニ)が寄生して発症。
毛包虫症はアカルス症とも呼ばれている。

●症状
かゆみはなく、初期には顔面、特に眉、目のまわりに軽い脱毛がある。この段階で診断できないと全身に脱毛が広がって、毛穴の化膿もある。かゆみの症状がないので手遅れになるのが多いので、脱毛をみかけたら注意をする。

●治療
毛包虫症の専門知識が必要になる。よく体を洗い、清潔を保つようにする。全身発症の場合、からだの免疫不全も関わるので、治療が困難になる。

犬の病気 内分泌性皮膚疾患

●原因
内分泌性皮膚疾患はメス犬に多い。卵巣機能の失調により、卵巣ホルモンの分泌異常が原因。

●症状
脇腹、お尻のまわり、大腿部が左右対称に脱毛する。かゆみがないのが特徴。内分泌性皮膚疾患が悪化すると皮膚が肥厚(ひこう)し、黒く堅くなる。陰部が伸びきり緊張感をもてなくなる。

●治療
内分泌性皮膚疾患の症状により適切な治療をする。子供を生ませないなら、不妊手術をする。

犬の病気 寄生虫性皮膚疾患

●原因
かいせん虫(イヌヒゼンダツ・ツメダニ)が寄生して寄生虫性皮膚疾患が発症。子犬に多く人にもうつる。

●症状
寄生虫性皮膚疾患の初期には強いかゆみがある。四肢の指の間、耳翼のふちをもんでみると皮膚がザラザラしていて、前足のヒジの部分が脱毛しはじめてくる。ひどくなると脱毛、フケ、コケが広がる。

●治療
病院から薬浴剤をもらいからだを洗う。殺虫効果のある注射を打ち、ダニの駆除をする。

犬の病気 真菌感染症

●原因
真菌(カビの一種)の感染により真菌感染症が発症する。

●症状
全身のいろいろなところに、赤い脱毛ができる。やがて円がくっつきながら広がっていき、人間にも感染する。

●治療
早期発見、早期治療必要で真菌感染症が広がらないうちに治療をする。ヨード剤、真菌用抗生物質にて治療。

犬の病気 細菌性皮膚炎(急性湿疹)

●原因
細菌性皮膚炎は突然背中に脱毛、膿性分泌物のある湿疹がでる。潜在的にはアレルギーが引き金になる。

●症状
激しい痛みとかゆみに襲われる。ウミを含んだ分泌物がでやすくなり、傷口はグチャグチャにくずれてしまう。

●治療
すぐ病院へ連れて行く。抗炎症、抗アレルギー性の抗生物質の投与で細菌性皮膚炎の治療を行う。

犬の病気 ノミアレルギー性皮膚炎

●原因
ノミアレルギー性皮膚炎はノミにさされ発病するのが原因。皮膚病のなかではノミアレルギー性皮膚炎が最も多い。ノミを発見するのが大事。黒い果粒状の糞が被毛の根元についていたらノミがいる証拠。

●症状
尾根部から全身に赤い発疹が広がる。かゆがり、ひっかいたり、かんだりする。かきむしることで傷ができ二次的に細菌感染する。

●治療
ノミの徹底駆除。汚染している住環境と犬のからだを清潔にして二次的細菌感染の予防をする。ノミアレルギー性皮膚炎の治療については抗生物質投与や抗アレルギー注射にて行う。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。