犬の病気 予防できる伝染病カテゴリの記事一覧

犬の病気 予防できる伝染病

ジステンバー

●原因
ウイルスによって感染する伝染病。感染した犬の尿や便、鼻汁からウイルスが排出され、まわりを汚染し、空気・経口感染する。潜伏期間約1週間。

●症状
ウイルスに呼吸器がおかされると高熱や目ヤニ、鼻汁、セキがひどくなり呼吸困難を起こし死に至る。消化器官の兆候としては粘液便、血便がでて長引くと、衰弱してやはり死に至る。また、口から泡をふいて意識を失うようなけいれん、てんかん、ひきつけなどの発作が起き脳炎などが起こる。おもに子犬がかかりやすい。

●手当て
子犬では、生後2ヶ月でワクチン、以降年1回の追加ワクチンで予防できる。何年間も予防接種を怠ると免疫がなくなるので、定期的に必ず接種する。


伝染性肝炎

●原因
アデノウイルスT型とU型がある。感染した犬の尿や唾液、便などにふれることで口、鼻を通しうつる。

●症状
T型は子犬の突然死、肝臓の痛み嘔吐、下痢、扁桃腺のはれ、角膜に白濁が起きる等犬伝染性肝炎をひき起こす。U型については気管炎、肺炎、扁桃腺等呼吸器系の病気が起こる。食欲不振、39〜41度の高熱、嘔吐、下痢、腹痛等の症状。重症になると肝臓や扁桃腺がはれ、死に至る。またウイルスが腎臓に入ると、6〜9ヶ月にわたり、尿中にウイルスが排泄されることもあり要注意。

●手当て
生後2ヶ月にジステンバーとの混合ワクチンを打つ。年1回の追加ワクチンを接種。散歩中他の犬の尿をかいだり、なめたりしないように注意しながら散歩することも大事。


パルボウイルス感染症

●原因
ウイルスのなかでも最も小さなパルボウイルスにより感染する。感染力、抵抗力が強くチリやほこりに混じって6ヶ月以上生存する。ウイルスは感染した犬の便や嘔吐物に排出され、衣服等について運ばれウイルスで汚染された環境から感染する。

●症状
数日間の潜伏期間の後激しい嘔吐と下痢が続き最後に敗血症や脱水症状を起こし死に至る。母犬からの免疫のない子犬はほとんどが急死、成犬でも50%は死に至る死亡率の高い病気。

●手当て
母犬からの免疫のきれる生後3週間から4ヶ月の間に獣医師と相談の上ワクチンを接種。ウイルスが強力なので万が一かかったら漂白剤をうすめて室内を消毒。


レプトスピラ症

●原因
スピロヘータという病原虫が原因。一般にはねずみの尿から感染するが保菌犬の尿からも感染。胃腸や肝臓がおかされる伝染病。

●症状
黄だん出血型とカニコーラ型の2タイプがある。黄だん出血型は黄だんはもちろん、嘔吐、下痢、皮下出血の症状がある。カニコーラ型については初期は激しい嘔吐、下痢が続き末期になると脱水症状、尿毒症起こし死に至る。

●手当て
定期的な予防接種。このウイルスは湿地や水の中では長く生存するのでどぶなどに気をつける。


狂犬病

●原因
感染している犬の唾液中に含まれているウイルスにより、かまれると傷口からのウイルス感染する。日本では法制により年1回春予防接種が義務づけされている。狂犬病は日本ではみられないが、海外では発生しているので、海外旅行では注意。

●症状
感染している犬にかまれると人間他の動物にも感染する。潜伏期間後に発病すると死に至る恐ろしい病気。

●手当て
予防接種を必ず受ける。


フィラリア症

●原因
蚊の媒介によって感染。犬の心臓、肺の血管内に犬糸状虫(フィラリア)が寄生して起こる病気。病気犬を吸血した蚊が別の犬を吸血した時蚊の口中より感染。

●症状
皮膚から侵入したフィラリアは60日から90日間皮下や筋膜間で発育。血液の流れに乗り、心臓の右心室や肺動脈に住み、ゆっくり進行する。それが原因で心臓、血管が侵され血液の循環が悪くなり肺、肝臓、腎臓の働きを狂わせる。症状がでるにはかなり進行してからで、
セキがでたり疲れやすくなり、栄養状態や毛づやも悪くなる。突然喀血したり、腹水がたまり死に至る。

●手当て
血液検査で子虫(ミクロフィラリア)がいるか調べる。予防は蚊の発生時期に月1回予防剤を数ヶ月服用する。手術で虫を取り出すなど命にかかわる病気。


ケンネルルカフ

●原因
アデノウイルスU型、ボルデテラ、マイコプラズマなどの病原体が混合感染して、気管支炎、肺炎等呼吸器疾患を起こす。インフルエンザのと同じ空気感染で伝染力が強く犬が集団生活をしているペットショップなど感染しやすい。

●症状
激しいセキを伴う。重症の場合気管支炎、肺炎を起こす。

●手当て
ワクチン接種。病気の犬から隔離する。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。